TOP | 会社案内 | 勧誘方針 | 個人情報保護方針 | 取扱商品 | お問い合わせ





事故が起きたら…



あわてずに落ち着いて行動してください!



1. 負傷者の救護
救急車を呼ぶ、近くの病院に運ぶなど、適切な方法を取ってください。
軽いケガでも必ず病院に付き添い、診察を受けてもらいましょう。
救急車を待つ間など、可能な限り応急手当をしてください。

2. 後発事故の防止
事故車両をそのままにしておくと、二重事故や交通渋滞の原因となります。
安全な場所に移動しましょう。

3. 警察への届け出
どんな小さな事故でも、必ず警察へ届け出てください。
事故の際の届け出は運転者の義務です。
110番で構いません。携帯電話からでもつながります。
届け出がないと交通事故証明書が発行されませんし、保険が適用できない場合もあります。
事情聴取の際には、知っている事実をありのままにハッキリと伝えてください。

4. 相手の確認
住所、氏名、連絡先、車種、ナンバー等を確認してください。同乗者がいる場合には、同乗者についても確認してください。
また、運転者と車両所有者が異なる場合、車両所有者についても確認してください。
相手の免許証やナンバーを携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影しておくと良いです。
目撃者がいる場合、氏名・連絡先を聞いておくことが大切です。

5. 事故状況の確認
事故日時、事故場所、事故状況、道路状況(停止線や信号、標識の有無等)、車両の損傷状況、損傷程度を確認してください。ドライブレコーダー装着者の場合、画像を保存してください。道路状況や車両の損傷状況は携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影しておくと役に立つことが多いです。

6. その場で示談にしない!
人身事故、物損事故いずれの場合も、事故現場では絶対に示談しないで下さい。
あわてて示談にすると法外な賠償金を取られることがありますし、保険金をお支払いできない場合があります。保険会社が責任を持って示談交渉代行しますので、安心してお任せください。(事故状況や保険の加入状況等により、保険会社が示談代行できない場合もあります。)

7. 事故車両を修理工場へ
自走不能の場合にはレッカーを呼んでください。(事故状況や保険の加入状況等により、レッカー費用はお客様の負担となる場合があります。)
入庫先には当社提携整備工場をご紹介することも可能です。

8. 損保ジャパン日本興亜事故サポートセンターへご連絡ください!
事故現場での処理が終了後、すぐに保険会社へご連絡ください。

電話 0120-256-110 (24時間365日受付)



円満解決のために…
ご自身の過失が大きいことが明らかな場合(信号待ちで停止している相手車両に追突してしまった場合等)には、誠意をもってお詫びしてください。
ただ、その後の賠償面については保険会社に一任することを伝え、一切の約束事はしないで下さい。
相手の方がケガをしている場合にはお見舞いをしてください。誠意ある対応が円満解決への第一歩です。






Copyright © 2005-2018 Kinoshita Insurance Office Inc. All Rights Reserved.